"CyberAnimeDOLL 3DCG Avatar Department"'s works and owners [日本語 / English] メタバース活動記録

2025年頃には、メタバース内で「仕事・商売をする」が常識になる!(勝手に予想)

2022年1月5日

 

ぼくは、2025(~2030)年頃には「メタバース内で、アルバイト・仕事・商売をする」という考え方が、「当たり前になるかも」と考えています。

メタバース空間を「未体験」の人からすると、「それはないでしょ」と考える方もいると思います!

以前のぼくも、そうでした、笑

 

そういう方は、ぜひ1度体験してみてください!笑(例:cluster、VRChatなど)

「ゴーグル」は必須ではありません。

ノートパソコンがあれば入れます。(←ある程度スペックは必要)

 

体感すると分かると思いますが

メタバース空間内での交流は

1.SNS
2.テレビ電話(ZOOMなど)
3.リアルに会う

の3つを掛け合わせたような感覚になります。

 

不思議と、「一緒に同じ空間にいる」ような感覚になるんですよね、、、

加えて、「移動時間」や「交通費」がかからないメリットもあるので、技術力さえ向上すれば、数年後の「一般普及」は普通にあり得る話だと思います。

 

先日、「メタバース初詣」というイベントにも関わりました!

 

ちなみに、、、

興味のある人しか知らないかもしれませんが、2021年には、下記のような出来事がありました。

 

1.Meta社(旧Facebook社)が、メタバース開発に本腰を入れ始めた。

2.アディダスソフトバンクという、誰もが知っている大手企業が続々と「メタバースやNFT」に関わり始めた。
先日のVIRTUAL MARKET2021では、JRが協力したり、松坂屋BEAMSなどがメタバース内で出店してましたね。

 

松坂屋BEAMSの出店写真を撮り忘れましたが、これと同じ空間(ワールド)に出店していました!

 

将来的には、実店舗やECサイトではなく、メタバースでお買い物をする日もくるでしょう!

 

上記は様々なニュースの一部ですが、「大量のお金」がメタバース周辺で、いま動いています。

遅かれ早かれ、メタバース空間での生活が「当たり前」になる未来がきそうです。

 

ぼくは、2025年頃には「メタバース内で、アルバイト・仕事・商売をする」という考え方が、「当たり前になるかも」と考えています。

 

わたくし「DAICHI YASUNAGA」は、この予測の元に、「3DCGアバタークリエイター」としての腕を磨いています!

3DCGアバターの製作状況などをレポートしているので、よかったら下記記事も読んでみてください!

クリックして続きを読む!

3DCGアバター製作進捗と「素人が3Dモデリングを頑張る理由」

目次1 3DCGアバター製作の「進み具合」2 素人のぼくが、3Dモデリングを頑張る理由3 NFTの売上は、ETHとしてポートフォリオに入っています 3DCGアバター製作の「進み具合」 「OpenSea ...

続きを見る

-"CyberAnimeDOLL 3DCG Avatar Department"'s works and owners [日本語 / English], メタバース活動記録
-, ,

© 2021 CyberAnimeDOLL(旧:大地の進歩もくろ~く!)